FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルービックキューブ アジア大会の感想

2018年8月17~19日に台湾で開催された『WCA Asian championship2018』に参加してきました!!
ここでは、大会を中心に、その他観光なども含めて振り返り、簡単に感想を書いていきたいと思います。

目次
◆大会前
◆8月16日(出発の日)
◆8月17日(大会初日)
◆8月18日(大会2日目)
◆8月19日(大会最終日)

◆まとめ、振り返り



◆大会前


 実は、そもそも今年の4月くらいの時点では、自分はアジア大会に出る予定はありませんでした。仕事で忙しく、あまり練習時間を取れない中で結果を残すのは難しいと感じていましたし、まして自分のメイン競技である目隠し競技(BLD)は、成功しなければ記録すら残らない、シビアな競技です。わざわざ遠出して全DNFとかになったらどうしよう……、なんてことも考えていました。

 ただ、5月某日、いざ大会申し込みが始まり、たくさんの日本人が申し込みを表明し盛り上がっているTwitterと、どんどん定員に迫ろうとしている参加者数を見ていると、ちょっとずつ自分も行こうかなという気持ちになってきました。そして、気が付いたら申し込みの手続き終えていました(実際はだいぶ悩んでいた記憶がありますが)。
 参加の決め手になった理由はいくつかあったのですが、一つは参加者をざっと見る限りだと、少なくとも5×5BLDでは入賞できそうだなと感じたことでした。日本トップレベルの日本人BLDerが大会に申し込んでいなかったため、一応公式記録上は日本人トップレベルであるBLDerとして、日本を代表して参加しようという思いがちょっとだけ湧いてきました。
 また、来年には世界大会がありますが、おそらく来年はさらに仕事が忙しくなることが予想されるため行くのは難しく、大きい国際大会に出るなら今年だと考えていたことも理由の一つでした。

 ちなみに、アジア大会は2年に1回開催されるのですが、自分はこの大会を入れて3回連続の参加になります。2014年は日本、2016年は北京、そして今回2018年の台湾です。2014年には3BLDの記録を残すのが精一杯だった自分も、徐々に成長し2016年では3BLD,MBLDで上級者くらいの実力を身に付けるにまで至りました。そして去年多分割BLDにも手を出し、日本記録を取ることが出来ました。そんな中で迎えるアジア大会ということで、これまでよりも成長した結果を残せればな、とぼんやり考えていました。

 とはいうものの、いざ申し込んでからもなかなか練習する時間が取れず、まあ直前に練習すればいいかと思ってはいましたが、7月が思った以上に忙しかったため、結局まともに練習を始めたのは8月に入ってからでした。ただ、やるからにはベストを尽くそうと、可能な限り大会当日に標準を合わせ、練習を調整していったつもりではありました。

 そして迎えた大会前日。仕事が終わってから急いで荷造りをし、眠りにつきました。


IMG_20180815_215602.jpg
 出発前のスーツケースの中です。キューブ重すぎ

◆8月16日(出発の日)

 大会が8/17からだったので、自分は前日の飛行機で台湾入りする予定を立てました。朝10時成田発の飛行機を予約したのですが、今住んでる場所が神奈川の南の方なので、朝死ぬほどつらかったです()

IMG_20180816_094113.jpg
 同年代のキュービストと。大会会場以外では彼らとほとんど一緒に行動してました。

IMG_20180816_100927.jpg
 学生御用達の格安航空機です。完全に大学生気分です

 機内では両隣をFMC強者(Taiwan Championship優勝者・元ASR保持者)に囲まれてしまったため、半ば強制的自主的にFMCをやったところ、非公式PBの26手が出ました! 45分くらい経っても21手CP5みたいなスケルトンしか見つからず、ダメ元で適当にインサート探したところ、11手スキップとかいう奇跡を引いてしまいました……笑
IMG_20180816_113148.jpg
これがスクランブルです。
解答:BLRBRBL2B'U'L'BLB'RBR'U2FU2F'U'LDL'U'L

スケルトン:BLRBRBL2B'U'L'[#1]RBLR'U2FU2F'U2L[#2]D
#1:BLB'RBL'B'R'
#2:L'ULDL'U'LD'
やばかった()
後から見直すと、L'R, LR'の順番を逆に書いていたら#1の6手キャンセルを見つけられる余裕はおそらく無かったと思うので、完全に奇跡ですね。

このスクランブルでうえしゅう君は29手で、後のアジアチャンピオンに勝ったので実質アジアチャンピオンです()

調子乗って2試技目やったけど何も見つからず途中で飽きました。

IMG_20180816_132327.jpg
 そうこうしているうちに台湾に着きました。税関通るのにめっちゃ待たされた+後続の飛行機で来た某アンバサダーを待っているうちにだいぶ時間が経ってました。

IMG_20180816_150736.jpg
適当に空港の風景の写真撮ろうと思ったら偶然写りこんだ某Youtuber

 合流してちょっと軽食とってたらもう16時でした。急いで地下鉄に乗り観光に行くことにしました。
 まずは中正紀念堂に行きました。蒋介石の顕彰施設で、台湾の三大観光名所の1つだそうです(出典:Wikipedia)。

IMG_20180816_172126.jpg
おおきい

IMG_20180816_173349.jpg
近付くともっとおおきい

IMG_20180816_174129.jpg
階段の上からの、広場の景色。工事中なのが悔やまれますがしょうがないですね。



本殿を背景に、皆でキューブを解きました。自分はGパーム忘れかけたせいでめっちゃ遅かったです。

IMG_20180816_180602.jpg
移動中の街並み。雑多な感じが好きです。

 次に、台北101という台北にある超高層ビルに行きました。日本のランドマークタワーやあべのハルカスみたいな感じで、低階層にはショッピングモールがあり、てっぺんには展望台もあります。

IMG_20180816_183054.jpg
高い

IMG_20180816_191212.jpg

IMG_20180816_191520.jpg
上ったらちょうど夜になりました。夜景めっちゃ綺麗!

IMG_20180816_192555.jpg
最上階は窓が無く柵だけでした。直接夜景が見られます!



5×5のキューブを見つめている人がいました。5BLD挑戦中?


 その後、夕食を食べにディンタイフォン(鼎泰豐)という有名な台湾料理店に行きました。日本にもチェーン店があるみたいです。

IMG_20180816_202303.jpg
 小龍包!
 他の料理もおいしかったです。2年前のアジア大会では北京で中華料理を食べましたが、台湾のそれは味が薄めで、日本人(少なくとも自分)の舌に合っていたような気がします。

 その後ホテルへ向かいました。大会会場まで徒歩圏内、最寄駅からも徒歩10分弱ととても立地に恵まれたホテルでした。
 昼過ぎに台湾に着いた割には充実した一日を過ごすことが出来ました。これで満足……と言いたいところですが、ここからが本番です。
 
 疲れたのでホテルに帰ってからすぐに寝ました。

◆8月17日(大会初日)
 ついに大会当日を迎えました。
 この日はMBLD1試技目(best of 2)、3BLD予選、4BLD決勝、5BLD決勝が予定されており、自分にとってはめちゃくちゃハードなスケジュールでした。10時前からMBLDの予定だったので、9時ぐらいに会場に着けるよう準備しました。

 大会会場はホテルから徒歩10分弱で、最寄の駅からも徒歩5分弱と立地のいいところにありました。
IMG_20180817_085000.jpg
 このめっちゃでっかい建物の17階でした。

IMG_20180817_085700.jpg
会場入り口には記念撮影用のボードが飾ってありました。自分は撮らなかったです(忘れてた)。

IMG_20180817_091645.jpg
 メイン会場では競技が既に始まっていました。日本とは違い、選手は待合室で並んでから順に試技席に座り、そのまま自分の試技を5回(競技によっては3回)まとめて行うスタイルです。 どちらのスタイルがいいのかは賛否両論ですが、競技者目線では、試技ごとに席を立つ必要のないこのシステムは少なくとも自分は好きです。
 一応、競技卓は左の方がSide Stage、右の方がMain Stageという割り振りになっていたみたいですが、競技の進捗に応じて臨機応変に使っていたみたいです。
 日本勢は、会場の右前の方に固まって座ってました。今回は立地と時期のおかげか日本人参加者が多かったです。

IMG_20180817_092334.jpg
MBLD、多分割BLD、FMCといった長時間かかる競技は、別のフロアにある会議室で試技が行われました。


スケジュールはこんな感じでした。
 
 という訳で、まずはMBLDの1試技目です。といっても、この後3,4,5BLDを控えておりあまり体力を使いたくなかったのと、MBLDは全然練習してなくて結果もあまり期待できないから明日の一発勝負でいいか、という考えから自分は2個だけで試技を行いました。サボらなかったのは、一応会場の雰囲気とか試技の流れとかを把握しておきたかったからです。
 結果は全成功で1分36秒とまずまずでした()




 次は昼頃に3BLDの予選があり、メイン会場で行われました。家で練習にあまり力を入れていたわけではなく、本番前の練習でもあまり調子が良くなかったため結果に期待はしておらず、正直決勝も厳しいかなと思っていたのですが、スクランブルが全体的にかなり良く、その結果単発・平均共に自己ベストを更新することが出来ました!! 平均はsub30で、単発はたく君をようやく抜いて日本2位です。



 と良い記録を出した余韻に浸っているのもつかの間、14時ごろに開始予定の4BLDの試技が迫ってきていました。
 先程書いた通り、4BLDの試技は別室で行われました。4BLDは家でもそこそこ練習していたのですが全然いいタイムが出せていなかったので、大会ではまあ3分台前半くらい出せればいいか、くらいの軽い気持ちで試技を行いました。それが良かったのか、なんと最初の試技で日本人初の3分切りを達成しました! それで残りの試技もリラックスでき、全て成功させ平均も3分切り、と想定以上の結果を出すことが出来ました! 最終的な順位としては全体4位、アジア人内では3位入賞でした。もうちょっと速いタイムを出せば全体でも入賞でしたが、アジアで入賞できただけでも十分だと思います。



動画です。




 そして17時からは本日最後の種目(自分にとっては)である5BLDでした。最初に書いた通り、BLD種目の中では一番入賞する可能性が高い種目で、練習でも一番力を入れていました。そのためなんとか記録を残したいと思ってましたが、4BLDが終わった時点で疲労と眠気と寒さ(メイン会場は空調が効き過ぎていてめちゃくちゃ寒かった)が凄かったです……。それでもなんとか体力を温存して試技を迎えました。
 1試技目、結構上手く行ったと思ったのですが、センター2点交換DNFでした。勿体ない……と思いながら2試技目、これも途中までは順調でしたがウィングエッジで実行ミスったような気がし、一応最後まで実行しましたがセンター以外バラバラで、やはり実行ミスっぽい感じでした。
 これはダメなパターンだな、どうやって全DNFの言い訳しようかな、と考えながら迎えた3試技目、もうDNFでもいいやと開き直っていつも通り記憶を行い、それでもめちゃくちゃ緊張しながら実行した結果、なんと日本記録で成功しました!!! 追い詰められた状況の中でこのような結果を出せたことは本当に嬉しかったです。
 順位は9秒差で2位と、結果的には凄く惜しい感じになりましたが、これが今の自分の実力だと思います。むしろ、こういった極限環境の中で自分がやれることをやれたのは本当に良かったと思います。




動画です。




 という訳で、記録を狙いに行った全ての種目で、満足いく結果を残すことができました! そんな達成感と疲労で、5BLDの試技終了後は完全に燃え尽きてました。ただ大会自体は他の日よりも早めに終わっており、折角だしちょろっと観光に行こうという流れだったため、自分も流れで着いていくことにしました。


 会場の最寄駅から数駅の所に龍山寺という有名な寺がありました。台北最古の寺らしく、風情が凄かったです。
IMG_20180817_193247.jpg
門の時点でオーラが凄い

IMG_20180817_194053.jpg
本殿。たくさんの人がお祈りしていました。

その後夜市に行きました。

IMG_20180817_194418.jpg
夜市の入口。

IMG_20180817_200946.jpg
台湾初タピオカ! ボリューム満点でした。

IMG_20180817_203615.jpg
夜市の店で、皆で夕食を食べました。


 疲れたのでホテルに帰ってからすぐに寝ました。


◆8月18日(大会2日目)

 2日目の参加競技はMBLDの2試技目だけでした。前日ほかの種目でかなりいい結果を残せていた(のとそもそもMBLDをあまり練習していなかった)ので、MBLDはあまり気負わず望みました。その結果、21/25となんとも言えない結果に……。
 慎重に記憶しようとして時間が無くなるパターンでした。テレビに出た時と同じですね()



 ただこれも結果的には全体4位、アジア3位とアジア入賞でした!

 その後は特に試技が無かったため、海外のBLDerと交流してました。
 会話した人を何人か挙げていきます。

・Jia-Hong Lu (陸嘉宏)
 台湾の4BLD,5BLDNR保持者です。3BLDも普通に速くて予選で22秒台出してました。
 (某日本人に似ていることで一昔前に話題になってた人らしいです)

・Jack cai
IMG_20180818_191056.jpg
 言わずと知れたオセアニア記録保持者。とても親しみやすい雰囲気で、日本にファンいっぱいいるよって伝えたら照れてました。

・Tianyu Zhao (赵天愉)
表彰式後に撮った写真。
IMG_20180819_175214.jpg
 MBLDで25/25の記録を持っている中国人。3BLDも普通に速く、今大会では3BLD,4BLDでアジア入賞しています。ちょっとだけ日本語話せるみたいです。
 今回はMBLDで29個挑戦していましたが思うような結果を残せなかったみたいです(そのおかげで自分がアジア3位に入賞できました)。MBLD嫌いって言ってました。
 周りのBLDerがほとんどUFバッファの中、彼はDF,ULBバッファで親近感湧きました。移行するのめんどいって言ってました笑。

・Hari Anirudh
これも同じく、表彰式後のものです。
IMG_20180819_175931.jpg
インドの多分割BLDer。4BLDのNR持ってます。

 また、BLDリレーも行いました。メンバー豪華すぎる……!


 自分が結構時間かかってるのは、慎重に行ったのに加え、底面に3COあってそれぞれ1個ずつ2CO手順で処理していたからです。周囲から苦笑いされてるのもそのせいです笑


 8人で成功した後も、人数を増やして(Yucheng Chen (陈裕铖)、Yiwei Liu (刘伊玮)など)ずっとBLDリレーしてました。最高で10/11くらいまでは行ってた記憶があります(最後の1人で失敗)。
 BLDリレーはメイン会場の裏の小部屋で行っていたので全然メイン会場の動向を追っていなかったのですが、気が付いたら大会が終わってました。

FB_IMG_1535988426315.jpg
大会後の1枚。

 その後は、会場近くのフードコートにオーストラリア勢などと一緒に行くことになりました。Jack CaiにBLDのやり方とかいろいろ聞いてました(普通にエッジファーストで、コーナーをレターペア・エッジを音で記憶しているみたいです)。
 超有名人も何人かいたので、一緒に写真を撮ってもらいました。
 
IMG_20180818_213304.jpg
 Bill Wangと。5BLDsub5やばくね?って言ったら笑ってました。
 彼曰く、普通のスピード競技に関しては、自分は4×4は速いけど5×5は遅い、とのことです。レベルが違い過ぎる……

IMG_20180818_212924.jpg
 Feliksとの夢のツーショット! 4BLDの元WRが目標の一つでしたって伝えたら「あの記録は運が良かったから……笑」って反応でした。sub3してアジア3位入賞したことを伝えたら普通に祝福されて、お世辞でも嬉しかったです。

 疲れたのでホテルに帰ってからすぐに寝ました。


◆8月19日(大会3日目)

 大会最終日です。
 自分は3BLDの決勝に参加しました。上にも書いた通り3BLDはあまり練習しておらず、今回の参加者の自己ベストタイム的にも入賞は厳しいので、気楽に臨もう……と思っていたのですが、やはり決勝の舞台に立つとどうしても緊張してしまいますね。思うようなソルブが出来ず、34秒と微妙な結果に終わってしまいました。
 結果的にはアジア入賞ラインが31秒であり、冷静に試技を行えば出せたタイムだったと思います。ただ、おそらく皆攻めた結果ミスっているんじゃないでしょうか。まあただの結果論ですね。

 3BLDが終わった後昼ご飯をいつものフードコートに食べに行きました。Jack Caiや3BLD優勝者であるLiam Chenも一緒でした。
中国っぽい名前なので中国人だと思い込んでましたが、よくよく聞いてみると親戚が台湾に住んでいるだけで、彼自身の国籍はアメリカとのことでした。アメリカ、層厚すぎる……

 その後は様々な競技の決勝の試技を見ていました。日本人ではまこと君がSquare-1で優勝したり、ユリノキ君の雄姿を見たりしていました。すがま君が何種目か決勝に出ていて、そしていい記録を残していたみたいです。普通のスピード競技速いのめちゃくちゃ凄いですね。

IMG_20180819_162027.jpg
3×3決勝のMax vs Feliks。生で見られて本当に良かったです。


 そして表彰式です。日本では何回か表彰式に上がらせて頂いてますが、こういった場で自分の名前を呼ばれるのはそれとはまた違った感覚で、本当に嬉しかったです。

DSC01135.jpg
4BLD。一番左に立っているのはスタッフです。

DSC01129.jpg
5BLD。

DSC01127.jpg
MBLD。

(これらの写真は大村さんに撮って頂きました。それだけで感動ものです)

全ての種目でShivamと並んでます。強すぎる……

ちなみに物を持ってたり持ってなかったりするのは、単純に撮影して頂いたタイミングの差です。


 
 入賞景品がとても豪華でした。全体入賞者にはメダルが、アジア入賞者にはトロフィーと副賞(現金ちょっと)が贈られました。
ということは……

IMG_20180819_171915.jpg
トロフィーを3つ貰えました!! 持って帰るのめっちゃ大変でした笑

FB_IMG_1535988732888.jpg
うれしそう

 表彰式が終わってからは色々な人と写真を撮りました。

IMG_20180819_175024.jpg
Shivamと。オーラ凄かったです。

IMG_20180819_180823.jpg
 日本人入賞者と一緒に。テンション上がりすぎて、優勝もしてないのに何故か中心にいることに気が付いてませんでした()
 冷静になって考えると、こんな豪華なメンバーの中に自分がいるのが信じられないですね。
 
FB_IMG_1535987994111.jpg
日本人の集合写真!

 その後は日本人大会参加者と一緒にご飯に行きました(いつものフードコート)。GiiKER cubeとかで遊んでました。気が付いたら閉店時間になって店員から冷たい目で見られてたのがちょっと面白かったです。

 疲れたのでホテルに帰ってからすぐに寝……ずに、タイムボムという最近キュービストの間で流行っている推理型カードゲーム(人狼みたいな感じ)をやらせてもらいました。疲労と眠気とで、ひたすら地蔵と化してました。


 翌日少し観光し、2日後の朝の飛行機で日本に帰りました。この観光でも色々なことがあったのですが、また時間があったら書こうと思います。


◆まとめ、振り返り
 今回の大会を含めた一連の遠征では、観光も十分でき、大会ではそれなりの結果を残すことができ、更に海外のトップBLDerの人々と交流することもでき、ととても充実した日々を過ごすことが出来ました。それぞれについて簡単にまとめていきたいと思います。
・観光
 観光については、旅行慣れしているふーみぃに旅程を全て組んでもらいました。しかもふーみぃ・yuukiは台湾観光の経験もあるため、我々はただ着いていくだけで観光を楽しむことが出来ました。そのおかげでいい結果を残せたと言っても過言ではないです。本当に感謝しかないです。


・大会
 これが今回一番のメインイベントですね。
 単純に記録で見ると、3競技で自己ベストを出すことが出来ました。客観的に明らかに練習不足であったというのは確かでしょうが、運が良かった(3BLDでは特に)ことに加え、多分割BLDでは磁石入りキューブを使い始めたことにより、もともとの実力と同等あるいはそれ以上の結果が出せたのだと思います。 正直できすぎな気はします笑、ですがしっかり練習すればまだまだ上を目指せそうなタイムではあります。

 そして順位としては3種目でアジア入賞、内1種目では総合でも2位、と申し分ない結果を残すことができました。これも直前の想定以上でした。どれか1種目でアジア入賞できればいいなと思っていましたから、これも本当に運が良かったのでしょう。とはいえ、やはりBLDという種目の性質上、自分よりも実力のある人でも記録を残せていない人が何人かいました。そういった中で、全ての種目で安定して記録を残すことが出来たというのは自分の強みであり、入賞した理由は必ずしも運だけではなかったのかな、とも思っています(調子乗りすぎ)。
 2017年の日本大会でも全種目で優勝したり、と実力の割には大きな大会でそこそこ安定して記録を残せており、自分が考えている大会への臨み方(調整方法や気持ちの持って行き方など)が良いのかもしれません。実力のある人が必ずしも本番で勝てるとは限らないのが、勝負の世界の面白さの一つなんだな、と最近感じるようになってきました。

 今後の大会についても、十分に練習や調整をして臨むことが出来るかどうかは分かりませんが、可能な限り参加し、そして限られた制約の中でできるだけ結果を残せるように努力できたらいいな、となんとなく考えてます。


・交流
 正直、大会当初はあまり自分から海外のキュービストに話しかけに行こうとは思っていませんでした(初日は競技で忙しかったのもあります)。ですが、Tomoya Firman(日本とオーストラリアのハーフ、日本語も英語も話せる)からJack Caiに自分のことを紹介してもらったり、Jia-Hong Luから話しかけて貰ったりBLDリレーに誘ってもらったりしたおかげで海外BLDerと接する機会が多く、その中で英語の苦手な自分でもなんとか1対1であれば会話(?)をすることができました。2年前のアジア大会では外国人とほとんど全く話さなかったので、大きな成長だと思います。
 外国人との交流に限った話ではなく国内での交流についても同じだと思いますが、やはりまずは誰かひとりと接点を持ち、そこから交流を広げていくというのが大切なんだなと実感しました。そういったきっかけをfacebookなどインターネットで作ってから実際に会うというのも一つの手ですね。
 また、その際にキューブの技術があると受け入れてもらえやすいです。具体的には日本トップレベルくらいの実力があれば入りやすいと思います。それが簡単に出来れば苦労しませんが……。
 それに加え、やはり交流の際には、その種目についての知識が多い方が話題についていきやすく、その結果会話も弾むので、日ごろからキュービストの集まる(国内だけでなく海外も含め)コミュニティで勉強しておくのが大事だと思います。自分は最近やってないですが()

 後悔としては、まずはやはり英語力が無さ過ぎたことですね。話す方はまだなんとかなりますが、リスニングが難しく、特に他人が話している所に入っていくのは相当難しかったです。
 また、最近あまりBLDを熱心に練習・研究しておらず、最先端の知識をあまり持っていなかったため、話題にあまりついていけなかったりそういった部分についての相談もできなかったりしたことも後悔の一つです。例えば、自分はUFバッファの手順を全然覚えていなかったのですが、今はUFバッファが流行の最先端であり、実際自分が話した海外BLDerにはUFバッファの人が多かったため、手順トークにあまりついていけなかったりといったこともありました。

 個人的には、コミュ力か知識・技術のどちらかがあれば、英語があまりできなくても海外のキュービストと交流できると思います。現に、自分は前者は持っておらず、後者についてはかろうじて持っている程度でしたが、何とか交流することが出来ました。もちろん英語が話せた方がいいのは確かですが、英語が苦手だという理由だけで交流を避ける必要はないんだな、と今回の大会で実感できました。

 

 以上、どれをとっても台湾に来てよかったと思えるような大会になりました。大会申し込み時に参加を迷っていたのが信じられないくらいです。
 ここまで読んでくださっている方がどれくらいいるかは分かりませんが、もしその中に今後海外の大会に参加するかどうか迷っている人がいたら、この記事がちょっとでもその後押しになればいいなと思ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Y.Y

Author:Y.Y
BLD競技をメインにやっています。

公式記録
3BLD 1/3: 30.62/34.85
4BLD 3:03
5BLD 7:17ぐらい
MBLD 23/25

非公式記録
3BLD 21秒くらい
4BLD 2:37
5BLD 5:56
MBLD 24/25

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。